不動産投資後の管理業務の任せ方

大家さんのための不動産投資管理業務ナビ

不動産管理会社の選び方と任せ方

不動産管理会社の種類

不動産購入時にわかることですが、販売と管理を一体化して行っている不動産管理会社と、管理専門にしている会社とがあります。前者は販売会社のグループ会社として存在していることが多いのですが、こうした会社に管理を任せた方が安全です。

販売を行っている会社ならば、自社の物件について熟知しているので入居者付けがスムースに行く可能性が高いのです。不動産管理で手間のかかる業務のひとつが入居者募集です。ここは大家個人が行うよりも管理会社にお任せした方がよい業務です。空室期間が無駄に伸びることもなく、一番のリスクを避けることができます。

また会社を探す手間なく一括で頼めるというメリットもあります。
販売会社はここにして、管理はあそこにして、という手間を省けるのは大きいですね。

委託できる管理とは

不動産管理にまつわる業務内容はいくつかあります。
まずは先に述べた、入居者募集です。サイトなどに募集をかけ、賃貸契約まで行う業務です。
次に家賃集金です。家賃を回収し、滞納が起こった場合は大家に連絡が行き、退去処理は管理会社が行います。
契約更新やトラブルの処理も管理会社が代行して行うことができます。
いずれも専門的な知識や経験が必要とされるため、最初は自分でやるよりは管理会社に任せた方が良い案件です。

建物のメンテナンス・清掃に関しては、その頻度やどこまでやるのかによって費用が変わってくるために、しっかり決めておく必要があります。
サラリーマン大家さんですと対応できる時間が限られてくるので、出せる費用を考えて管理会社に任せる対応範囲を決定しましょう。


▲先頭へ戻る